爆上げ株ニュース

絶好調の日経平均、今週のまとめと来週高騰する銘柄!


 

 日経平均、上昇基調は継続。

 

新年相場は大方の予想を覆し、さらなる上昇をしています。

特に大発会となった4日は741円増と、サラリーマン投資家は株が気になって、仕事にならなかったんじゃないですかね~w

 

 

アメリカをはじめとして、世界中で株の値上がりがあります。日本株の高騰は海外投資家が日本を評価しているということにほかなりません。

 

世界に目を向けると、規制緩和派のパウエル次期FRB(米連邦準備制度理事会)議長の就任(2月4日)もあり、これから株投資市場のテンションはさらに上がるでしょう。

 

昨日のアメリカ市場は大幅続伸となりまして、もう世界的に株高の傾向は歯止めがききません。ついさっき発表された12月雇用統計では、非農業部門の雇用増(+14.8万人)がコンセンサス(+19万人)を下回ったものの、11月分の雇用増の上方修正、低水準(4.1%)の失業率維持。これがどういうことかというと、買いが先行する要因になったということですね。

 

アメリカ市場の引けにかけては、個別ではボーイング、キャタピラーが指数高の要因に。ナスダックも最高値を更新。日経先物は、NY株高やドル円の反発機運を受けて23,800円台まで上昇しています。

来週の展望(9~12日)

 

さて、来週(9-12日)は年初高からの利益確定売りで、反動があることは当然です。それでも、強気で投資していきたいですね。

 

私が無料メルマガをチェックしているベストプランナーやTMJ投資顧問のほうでも、来週さらに押し目買いからの大爆益を期待できる銘柄が発表されるようです。

 

投資顧問ベストプランナーは稼げるのか?

TMJ投資顧問(トレンドマーケットジャパン)って実際に儲かるの?

 

押し目買いの何がいいかというと、下がったところで仕込んで、さらに上がるところで売れるからです。

 

当たり前のことを書いていますが、これを理解してない一般投資家が多いので、専業投資家のエジキになっているんですよね~

 

「上がった株だけど、ここ数日イマイチだな…。塩漬けだ…」

 

こうなっている一般人の銘柄は、塩漬けしたり、損切りしたりという流れになりますよね?

 

プロが仕込むのは、そういう踊り場からさらに下がったように見える銘柄です。

 

下がったところで買うから、上がったときに利幅が大きい。特にベストプランナは最近わずか9営業日で3倍になった銘柄など、バンバン的中させていますので、その情報力は尋常じゃないですね…。

 

もちろん、「株は自分の予想と研究でやるから楽しい」という一面もあります。そういう方は、無料メルマガの情報を、参考程度に見ておくことをオススメします。

 

私も今年に入って、自分なりに見つけていた半導体関連のテーマ株で145万円ほど利益確定しました。

 

大発会(1/4)の値動きはどうなる? 注目すべき銘柄は?

 

 
さて、改めて今年の日本株市場。新年4日の大発会で日経平均が前年末比741円の大幅高となり、翌5日も208円高と続伸する、投資家にとって大歓迎の流れとなりましたね♪

 

 
昨日の連休前となる5日は、始値2万3643円に対し終値2万3714円。これは年2営業日目としては、16年ぶりに陽線を引いたチャートとなり、テクニカル指標を重視している投資家にとっては重要な情報です。

 
 
・アメリカ株、中国株が好調でガンガン資金が注入されている!
・中国の12月製造業PMI(購買担当者指数)が51.5と市場予想(50.6)を上回った
・アメリカで3日に発表されたISM(米サプライマネジメント協会)製造業景況感指数が59.7(前月比1.5ポイント上昇)の高水準!

 

 

これらの要因が日本株にも追い風となり、外国人投資家らがとことん「買い」を入れているというわけです。

 

現状、世界のどの投資家も、日本株を積極的に売る材料がありません。利益確定売りからの反動が来週あるとしても、それでもホールドする人が多いでしょう。

 

日本では6-8日の3連休明けとなる来週で見ておくべきは、アメリカをはじめとする海外の経済指標。

 

・8日 ユーロ圏の12月経済信頼感指数

・9日 11月ドイツ鉱工業生産

・10日 中国12月消費者物価指数

・12日 中国貿易収支

・12日 アメリカ12月小売売上高および消費者物価指数

 

これらの指標が発表されますが、それでも日本株が下がる要因にはなりきれていないところ。基本的に稼げる相場が続くので、積極的に投資をしていきたいところですね♪

 

 

現在、引き続き個人的に買いを入れているのは半導体、そしてスマホなどのゲーム株関連です。

 

DMP(3652)

ピクセル(2743)

ミネベア(6479)

オムロン(6645)

スクウェア・エニックス・HD (9684)

任天堂 (7974)

ガンホー・オンライン・エンター (3765)

 

 

<<明日騰がる株の情報を無料で受け取れます>>

 

<<急騰銘柄、最大上昇率337%の情報を受け取れます>>

 

 

 

いつもブログをごらんいただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします!

逆アクセスランキングに参加しています。

現在高騰している銘柄情報を見るにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

推奨銘柄を確認する→

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:藤枝(ふじー)の紹介

  
名前:藤枝和生(ふじえだかずお)




2015年12月 +2,509,493円
2016年1月  +1,534,881円
2016年2月  +1,237,000円
2016年3月  +987,480円
2016年4月  +2,237,002円
2016年5月  +237,033円
2016年6月  +737,004円
2016年7月  +937,005円
2016年8月  +3,237,006円
2016年9月  +654.986円
2016年10月 +4,237,008円
2016年11月 +2,494,098円
2016年12月 +2,407,191円
2017年1月  +4,409,481円
2017年2月  +1,462,490円
2017年3月  +1,983,380円
2017年4月  +2,455,509円
2017年5月  +5,455,509円※過去最高益達成!
2017年6月 +1,593,889円
2017年7月 +3,120,200円
2017年8月 +1,898,430円
2017年9月 +3,140,344円
2017年10月 +2,151,099円
2017年11月 +3,198,563円
2017年12月

  
幼少時代は肥満や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、学校にうまくなじめず引きこもる。
 
 
 

友達がいないせいで勉強はそこそこできるも、大学入学後、パチンコと株投資にハマりさらに友達ができなくなる。 
 

独学で学んだ株投資では、大学2年生のときにコンビニのバイトで貯めた60万円を330万円まで増やす奇跡!
 
 

が、所詮は素人のバカヅキでしかなく、その後の数々の不況により、大学4年の冬にはほぼ借金生活に。親には勘当されかける…。 
 

そしてさらなる悲劇が。
 
 

投資家として生きるしか考えていなかったので、就職活動は一切しておらず、ただの無職ニートに!! 
 
 

その後、3年間ほぼひきこもり生活。
 
 

30代目前のある日、ネットで見た投資家「cis」の儲けに驚愕。さらに、それを見て猛烈に腹が立つ経験をする。 
 

自分ができないことを、楽しそうにやれているcis。ゲームや麻雀などをダラダラやっていて、それでいて株投資で毎日何億も儲けている…。そういう人がいることが、許せない。 
 

「絶対に自分も投資家になる」と決意。1年間、屈辱と思いながらもコンビニバイトを週6でやりながら株投資のデモプレイで学ぶ。 
 

貯金した200万でリアル株投資スタート。たまたまメルマガを参考にしていたとある投資顧問サイトの無料スポット銘柄情報で急騰株を当て、資産はいっきに500万へ。
 
 

その後、同じサイトの情報を継続的に買うことと、自分の予測によるスイングトレードで資産は4億円を超える。
 
 

「対人恐怖症トレーダー」としてmixiで活動した後、知り合いのつてで投資顧問会社へ入社。
 
 

その後、投資顧問として独立。現在国内において個人・法人合わせて30社超の投資コンサルを請け負うまでになる。 
 
 
 
 
 

「私は株投資を実践したことがきっかけで、現在は自信もお金を持てるようになり、本当に生きてて良かったと思えるようになりました。 
 

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、過去の私のように株を通して人は変われると、私は確信しております。 
 

デブ、人が怖い、もちろんモテないしお金がない。そんなゴミのような人生で、コンプレックスの塊の僕も投資で変わりました。 
 

このブログで、専業投資家の僕が普段どのように株の情報を見ているのか、赤裸々に書いていきます。 
 

また、投資顧問サイトに人生を救われた僕ですが、中には詐欺のようなサイトもあります。そういうサイトを許すことはできませんので、情報を随時発信していきます。」

ツイッター

infotop

ブログ統計情報

  • 59,499 アクセス

アクセスランキング