爆上げ株ニュース

個別銘柄のバーゲンセール、下値探しで気をつけるべきポイント<18/12/25>

 

予想されている範囲の下げでしたね。とはいえ当然、拳は強く握りしめ、日本人投資家のメンタルの弱さにガックリきているところです。

 

25日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に5日続落。終値は前週末比1010円45銭(5.01%)安の1万9155円74銭と2万円の節目を大きく割り込み、2017年4月25日以来1年8カ月ぶりの安値を付けました。

 

トランプ米大統領の政権運営をめぐる不透明感から24日の米株式相場が急落し、投資家のリスク回避姿勢が強まりました。外国為替市場で円相場が1ドル=110円ちょうど近辺まで上昇し、輸出関連株に売りが膨らみました。

 

2年ぶりの急落 日経平均はどうなる?

 

日経平均の下落率は今年最大です。米大統領選の結果を受け急落した16年11月9日以来の大きさとなりました。当時ほどのショックがあるかといわれれば、あのコメディ芸人のようなトランプの当選に比べれば、まだ理解できる下げですが。

 

下落幅は2月6日(1071円安)以来、今年2番目の大きさ。日経平均は10月2日に付けた年初来高値からの下落率がいわゆる「弱気相場」入りのメドとなる20%を超えています。

 

予算失効に伴う米政府機関の一部閉鎖で、ホワイトハウスと議会の合意形成の難しさが見えています。

 

ムニューシン米財務長官が米金融大手首脳と電話協議し、市場の流動性に問題がないことを確認したと伝わり、これについて協議を開いたこと自体が市場の不安心理を高め、米株安につながりました。

 

 

株安を財務長官だけのせいにしているわけではないでしょうが、トランプはやっぱりコメディアン程度の知能指数しか持ち合わせていないように見えますね。

簡単にいえば、「会社が潰れる」というウワサがあり、従業員が騒いでいる。で、これについて、実際に潰れるか潰れないか、役員会議が行なわれて「潰れないよ!」と言われた。というレベルです。

 

そんな会議をしていること時点で、もうヤバいじゃん! ということです。

 

信用取引の追加証拠金(追い証)発生を警戒した個人投資家の見切り売り

 

東京市場では信用取引の追加証拠金(追い証)発生を警戒した個人投資家の見切り売りが膨らみ、日経平均は下げ幅を広げました。

 

午後は日銀の上場投資信託(ETF)買い入れ観測が浮上しやや下げ渋る場面もありましたが、焼け石に水。

 

JPX日経インデックス400も5日続落した。終値は前週末比642.34ポイント(4.85%)安の1万2592.66と、16年11月14日以来の安値。東証株価指数(TOPIX)も同様に5日続落し、72.64ポイント(4.88%)安の1415.55と16年11月15日以来の低水準で終えています。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆6167億円。売買高は17億1656万株。冬休みに入っている海外投資家の取引が乏しく、相場変動が大きかった割に売買は少ないという一日。

 

東証1部の値下がり銘柄数は2096と、全体の98%。値上がりは27、変わらずは8。

 

この下落で、イギリスからの撤退や国内でのサービス低下で批判を受けていたメルカリ他、国内企業のいくつかの大幅下落が目立ちにくくなっているのも無視できないところ。

 

 

個別銘柄のバーゲンセールをどう見るか?

 

信用買いで積極的な投資をしていた方にとっては、「メリー苦しみます」になってしまいました。

 

ただロスカットをしっかり行い、個別銘柄のバーゲンセールを冷静に捉えられる人にとってはチャンスです。

 

もちろんバーゲンセールといっても、ここから儲けるのは簡単ではありません。

 

多くの銘柄は、今日明日辺りで底値になって、反発するでしょう。では、どの銘柄がそうなるのか? それは正しく情報収集をしないと見えてきません。

 

そもそも日本株は増税もあり今年から十分に苦しい。口開けて待っていれば儲かるような、上昇相場は待っていません。

 

今回の下げの原因ですが、まずFRBの利上げが論点ですよね。何も焦ることはない、見送りを決断しても良かったと誰もが思っているでしょう。

 

アメリカでも日本でも、90年代のようなインフレが進んでいる時代でもありませんし、何か急いで施策を打つ必要などなかったのです。

 

 


 

しかし、FRBは、足元の指標を機械的に判断して利上げ。当然のように株式市場が、それに反抗したわけです。

 

こうなってしまった以上、ほぼ確実に2019年は世界経済の伸びは止まります。トランプは利上げどころか利下げも話し合わないといけません。

 

消費税増税の最終ジャッジは来年の春。そこまで日経平均がどかんと騰がる理由はありません。ここまで下げればリバウンドもしますが、どの銘柄を選ぶかは私たちの選択ひとつです。

 

銘柄を選別すれば、ここまで下がった相場ですし、ダブルバガー以上も出てくるでしょう。こういう部分が株の刺激的なところであり、また不安要素でもあります。

 

こういう時はとかく「下値探し」が焦点になります。下値を見つけるということは、不確定要素がない銘柄を見るということ。

 

例えば配当権利落ちの銘柄は、もうそれ以上落ちる要素がないので、後は突発的な要素がないかだけ気をつけておくようにします。

 

また下値探しの際に気をつけたいのは「銘柄に恋をしてしまう」ことです。

 

誰かがこの銘柄は騰がるといっていたから買いたい。有名人が買っていたから買いたい。前に利益を得た価格まで下がったから買いたい。すべて、損失を生む原因です。

 

銘柄に恋をするとろくなことがありません。それどころか、本質的な情報から目を背けることになります。本質的とは何かというと、需給バランスや、出来高やファンダメンタルズといった「見ればわかること」です。

 

売り圧力に負けないメンタルは大事ですが、時にはすっぱりと握力を失くしたほうが、結果的に利益が残ることになるのですから。

 

 

 

【管理人が優良投資顧問サイト認定・無料メルマガから厳選銘柄情報を受け取れます!】  

すべて関東財務局/金商登録あり

==========================
【特選サイト】スナップアップ投資顧問(SNAPUP)は実際に稼げるのか?
元金融庁・経産省との折衝経験もある金融のプロ【有宗良治】が代表取締役に就任
★関東財務局の金商登録と充実のサポート体制 マンツーマンでサポート体制あり
無料銘柄相談・厳選銘柄無料提供 元大和証券のエースが無料で厳選銘柄を提供! ==========================

==========================
TMJ投資顧問(トレンドマーケットジャパン)って実際に儲かるの?
独占契約!メリルリンチ出身者が個別サポートをしてくれます。
==========================

 

 
 

逆アクセスランキングに参加しています。注目銘柄

現在高騰している銘柄情報を見るにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


株式ランキング


<<ブログで書けない話はメルマガで>>



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リアルタイム株価

著者:藤枝(ふじー)の紹介

  
名前:藤枝和生(ふじえだかずお)




2015年12月 +2,509,493円
2016年1月  +1,534,881円
2016年2月  +1,237,000円
2016年3月  +987,480円
2016年4月  +2,237,002円
2016年5月  +237,033円
2016年6月  +737,004円
2016年7月  +937,005円
2016年8月  +3,237,006円
2016年9月  +654.986円
2016年10月 +4,237,008円
2016年11月 +2,494,098円
2016年12月 +2,407,191円
2017年1月  +4,409,481円
2017年2月  +1,462,490円
2017年3月  +1,983,380円
2017年4月  +2,455,509円
2017年5月  +5,455,509円※過去最高益達成!
2017年6月 +1,593,889円
2017年7月 +3,120,200円
2017年8月 +1,898,430円
2017年9月 +3,140,344円
2017年10月 +2,151,099円
2017年11月 +3,198,563円
2017年12月 +7,094,180円
2018年1月 +12,090,330円
2018年2月 +17,587,204円
2018年3月 +19,009,407円
2018年4月 +14,543,200円
2018年5月 +21,895,209円
2018年6月 +17,190,443円
2018年7月 +12,400,109円
2018年8月 +15,008,191円
2018年9月 +13,998,001円
2018年10月 +15,209,300円※スナップアップ投資顧問を利用
2018年11月 +12,950,309円※スナップアップ投資顧問を利用
2018年12月 +14,059,200円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年1月 +13,600,053円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年2月 +12,567,228円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年3月 +11,980,550円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年4月 +14,398,002円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年5月 +12,059,908円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年6月 +8,309,446円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年7月 +13,001,300円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年8月 +7,766,326円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年9月 +11,099,100円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年10月 +6,290,603円※スナップアップ投資顧問を利用
   
 
 
【著者ふじーの悲惨なプロフィール…】
 
幼少時代は肥満や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、学校にうまくなじめず引きこもる。
 
 
友達がいないせいで勉強はそこそこできるも、大学入学後、パチンコと株投資にハマりさらに友達ができなくなる。 
 

独学で学んだ株投資では、大学2年生のときにコンビニのバイトで貯めた60万円を330万円まで増やす奇跡!
 
 

が、所詮は素人のバカヅキでしかなく、その後の数々の不況により、大学4年の冬にはほぼ借金生活に。親には勘当されかける…。 
 

そしてさらなる悲劇が。
 
 

投資家として生きるしか考えていなかったので、就職活動は一切しておらず、ただの無職ニートに!! 
 
 

その後、3年間ほぼひきこもり生活。
 
 

30代目前のある日、ネットで見た投資家「cis」の儲けに驚愕。さらに、それを見て猛烈に腹が立つ経験をする。 
 

自分ができないことを、楽しそうにやれているcis。ゲームや麻雀などをダラダラやっていて、それでいて株投資で毎日何億も儲けている…。そういう人がいることが、許せない。 
 

「絶対に自分も投資家になる」と決意。1年間、屈辱と思いながらもコンビニバイトを週6でやりながら株投資のデモプレイで学ぶ。 
 

貯金した200万でリアル株投資スタート。たまたまメルマガを参考にしていたとある投資顧問サイトの無料スポット銘柄情報で急騰株を当て、資産はいっきに500万へ。
 
 

その後、同じサイトの情報を継続的に買うことと、自分の予測によるスイングトレードで資産は4億円を超える。
 
 

「対人恐怖症トレーダー」としてmixiで活動した後、知り合いのつてで投資顧問会社へ入社。
 
 

その後、投資顧問として独立。現在国内において個人・法人合わせて30社超の投資コンサルを請け負うまでになる。 
 
 
 
【著者ふじーの本音】
 

「私は株投資を実践したことがきっかけで、現在は自信もお金を持てるようになり、本当に生きてて良かったと思えるようになりました。 
 

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、過去の私のように株を通して人は変われると、私は確信しております。 
 

デブ、人が怖い、もちろんモテないしお金がない。そんなゴミのような人生で、コンプレックスの塊の僕も投資で変わりました。 
 

このブログで、専業投資家の僕が普段どのように株の情報を見ているのか、赤裸々に書いていきます。 
 

また、投資顧問サイトに人生を救われた僕ですが、中には詐欺のようなサイトもあります。そういうサイトを許すことはできませんので、情報を随時発信していきます。」

ツイッター

infotop

ブログ統計情報

  • 229,862 アクセス

アクセスランキング