爆上げ株ニュース

12日の東京株式は堅調な展開か。好地合いが継続<20/8/12>

 

大変暑い日が続いていますね。

藤枝です。

 

昨日は所用で八王子にいたのですが、気温がなんと39度!

車から見る外気温は43度! これはアスファルトの上だからでしょうね。

 

体調管理を徹底し、熱中症にかからないようにしたいものです。

 

国内株式市場きょうの地合い、重要イベント

 

12日の東京株式は、堅調な展開が見込まれています。

 

きのう11日の好地合いが継続するとみられるうえ、日経平均株価は終値ベースで3日ぶりに25日移動平均線(11日時点で2万2545円)を上抜いたこともあり、しっかりした動きが期待されています。

 

為替相場は、ドル・円が1ドル=106円台の半ば(11日終値は106円12-13銭)、ユーロ・円が1ユーロ=125円台の前半(同124円65-69銭)と円安方向に振れている。円安の動きを受け、輸出関連銘柄に見直しの動きが出る場面も。

 

11日のADR(米国預託証券)は円換算値で、高安まちまちながら、ホンダ<7267>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>などが、11日の東京終値に比べ高い。シカゴ日経平均先物の円建て清算値は、11日の大阪取引所終値比40円安の2万2680円。

 

 

国内株式市場の本日の好材料銘柄

 

レノバ <9519>   ★4-6月期(1Q)経常は4.6倍増益で着地
◆21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比4.6倍の16.7億円に急拡大して着地。主力の再生可能エネルギー事業で前期に連結化した大規模太陽光発電3施設が加わり売電収入が増加したうえ、御前崎港バイオマス事業における開発報酬を追加計上したことも業績拡大につながった。

 

歯愛メディカル <3540> [JQ]  ★上期経常が79%増益で着地
◆20年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比78.6%増の18.2億円に拡大して着地。新型コロナウイルスの感染拡大で主力の通信販売事業を中心にグローブや手指消毒剤など感染対策商品の販売が増加したことが寄与。感染症対策商品以外への“ついで買い”効果も追い風になった。出荷作業や配送の遅延が発生したものの、特需発生が売上高を大きく押し上げた。通期計画の22.9億円に対する進捗率は79.6%に達しており、業績上振れが期待される。

 

パピレス <3641> [JQ]  ★4-6月期(1Q)経常は2.3倍増益で着地
◆21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の6.4億円に急拡大して着地。巣ごもり需要を追い風に電子書籍市場が拡大するなか、積極的な広告宣伝や販促施策が奏功し、マンガ・電子書籍のレンタルサイト「Renta!」などの利用者が増加したことが収益を押し上げた。
上期計画の7.1億円に対する進捗率は89.7%に達しており、業績上振れが期待される。

 

GMO-FG <4051> [東証M]  ★今期経常を39%上方修正・最高益予想を上乗せ
◆20年9月期の連結経常利益を従来予想の3億0700万円→4億2600万円に38.8%上方修正。増益率が35.8%増→88.5%増に拡大し、従来の5期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。キャッシュレス決済が普及するなか、既存決済端末や新決済端末「stera」の販売が堅調に推移することに加え、新型コロナウイルス禍のストック収入への影響が限定的なことも上振れの要因となる。

 

メック <4971>   ★今期経常を14%上方修正
◆20年12月期上期(1-6月)の連結経常利益は前年同期比76.5%増の11.2億円に拡大し、従来の6.0%減益予想から一転して増益で着地。新型コロナウイルス感染拡大によるパソコン・サーバーの需要拡大や一部顧客の需要前倒しを背景に、半導体を搭載するパッケージ基板向け密着向上剤などの販売が増加したことが寄与。薬品粗利益率が改善したことも大幅増益に貢献した。
併せて、通期の同利益を従来予想の17.5億円→20億円に14.3%上方修正。増益率が1.6%増→16.1%増に拡大する見通しとなった。下期業績は上期より厳しくなることを想定。

 

新日本電工 <5563>   ★非開示だった今期経常は黒字浮上、2期ぶり復配へ
◆20年12月期上期(1-6月)の連結経常損益は33.8億円の黒字(前年同期は7.7億円の赤字)に浮上して着地。粗鋼減産を背景に合金鉄事業の販売数量が大幅に減少し、売上高は24.9%の減収となった。一方、19年末に実施した棚卸資産評価による帳簿価額切り下げで原材料コストが大きく低減し、採算は急改善した。
併せて、非開示だった通期の同損益は35億円の黒字(前期は64.2億円の赤字)に浮上する見通しを示した。業績回復に伴い、従来未定としていた期末一括配当を3円実施し、2期ぶりに復配する方針とした。

 

ホープ <6195> [東証M]  ★今期経常は46%増で2期連続最高益更新へ
◆20年6月期の経常利益(非連結)は前の期比11倍の10.1億円に伸びて着地。続く21年6月期も前期比46.2%増の14.8億円(予想レンジ中値)に拡大し、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期も自治体が管理する施設へリーズナブルな電力を供給するエネルギー事業が収益を牽引する。電力供給案件の応札件数を前期の約3000件から約3800件に増やし、電力販売量を伸ばす計画だ。
併せて、23年6月期に売上高420億円(20年6月期は124億円)、営業利益33億円(同10.2億円)を目指す中期経営計画を策定。

 

ヤオコー <8279>   ★4-6月期(1Q)経常は60%増益で着地
◆21年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比59.6%増の83.4億円に拡大して着地。新型コロナウイルスの感染拡大で巣ごもり需要が広がるなか、買い上げ点数が大きく増加し、既存店売上高は3ヵ月連続で前年同月比10%以上の伸びをみせた。
第1四半期実績だけで、通期計画の199億円に対する進捗率は41.9%に達しており、業績上振れが期待される。

 

日本株の個人投資家ツイートまとめ

 

 

 

【管理人が優良投資顧問サイト認定・無料メルマガから厳選銘柄情報を受け取れます!】  

管理人が優良認定したサイトは関東財務局/金商登録あり

==========================
【特選サイト】スナップアップ投資顧問(SNAPUP)は実際に稼げるのか?
元金融庁・経産省との折衝経験もある金融のプロ【有宗良治】が代表取締役に就任
★関東財務局の金商登録と充実のサポート体制 マンツーマンでサポート体制あり
無料銘柄相談・厳選銘柄無料提供 元大和証券のエースが無料で厳選銘柄を提供! ==========================  


●話題の急騰銘柄はこちら
注目銘柄
 

●アクセスランキングに参加しています。
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村


株式ランキング


●ブログで書けない話はメルマガで



 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リアルタイム株価

著者:藤枝(ふじー)の紹介

  
名前:藤枝和生(ふじえだかずお)




2015年12月 +2,509,493円
2016年1月  +1,534,881円
2016年2月  +1,237,000円
2016年3月  +987,480円
2016年4月  +2,237,002円
2016年5月  +237,033円
2016年6月  +737,004円
2016年7月  +937,005円
2016年8月  +3,237,006円
2016年9月  +654.986円
2016年10月 +4,237,008円
2016年11月 +2,494,098円
2016年12月 +2,407,191円
2017年1月  +4,409,481円
2017年2月  +1,462,490円
2017年3月  +1,983,380円
2017年4月  +2,455,509円
2017年5月  +5,455,509円※過去最高益達成!
2017年6月 +1,593,889円
2017年7月 +3,120,200円
2017年8月 +1,898,430円
2017年9月 +3,140,344円
2017年10月 +2,151,099円
2017年11月 +3,198,563円
2017年12月 +7,094,180円
2018年1月 +12,090,330円
2018年2月 +17,587,204円
2018年3月 +19,009,407円
2018年4月 +14,543,200円
2018年5月 +21,895,209円
2018年6月 +17,190,443円
2018年7月 +12,400,109円
2018年8月 +15,008,191円
2018年9月 +13,998,001円
2018年10月 +15,209,300円※スナップアップ投資顧問を利用
2018年11月 +12,950,309円※スナップアップ投資顧問を利用
2018年12月 +14,059,200円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年1月 +13,600,053円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年2月 +12,567,228円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年3月 +11,980,550円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年4月 +14,398,002円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年5月 +12,059,908円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年6月 +8,309,446円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年7月 +13,001,300円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年8月 +7,766,326円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年9月 +11,099,100円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年10月 +6,290,603円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年11月 +4,110,002円※スナップアップ投資顧問を利用
2019年12月 +5,091,563円※スナップアップ投資顧問を利用
2020年1月 +6,240,099円※スナップアップ投資顧問を利用

   
 
 
【著者ふじーの悲惨なプロフィール…】
 
幼少時代は肥満や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、学校にうまくなじめず引きこもる。
 
 
友達がいないせいで勉強はそこそこできるも、大学入学後、パチンコと株投資にハマりさらに友達ができなくなる。 
 

独学で学んだ株投資では、大学2年生のときにコンビニのバイトで貯めた60万円を330万円まで増やす奇跡!
 
 

が、所詮は素人のバカヅキでしかなく、その後の数々の不況により、大学4年の冬にはほぼ借金生活に。親には勘当されかける…。 
 

そしてさらなる悲劇が。
 
 

投資家として生きるしか考えていなかったので、就職活動は一切しておらず、ただの無職ニートに!! 
 
 

その後、3年間ほぼひきこもり生活。
 
 

30代目前のある日、ネットで見た投資家「cis」の儲けに驚愕。さらに、それを見て猛烈に腹が立つ経験をする。 
 

自分ができないことを、楽しそうにやれているcis。ゲームや麻雀などをダラダラやっていて、それでいて株投資で毎日何億も儲けている…。そういう人がいることが、許せない。 
 

「絶対に自分も投資家になる」と決意。1年間、屈辱と思いながらもコンビニバイトを週6でやりながら株投資のデモプレイで学ぶ。 
 

貯金した200万でリアル株投資スタート。たまたまメルマガを参考にしていたとある投資顧問サイトの無料スポット銘柄情報で急騰株を当て、資産はいっきに500万へ。
 
 

その後、同じサイトの情報を継続的に買うことと、自分の予測によるスイングトレードで資産は4億円を超える。
 
 

「対人恐怖症トレーダー」としてmixiで活動した後、知り合いのつてで投資顧問会社へ入社。
 
 

その後、投資顧問として独立。現在国内において個人・法人合わせて30社超の投資コンサルを請け負うまでになる。 
 
 
 
【著者ふじーの本音】
 

「私は株投資を実践したことがきっかけで、現在は自信もお金を持てるようになり、本当に生きてて良かったと思えるようになりました。 
 

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、過去の私のように株を通して人は変われると、私は確信しております。 
 

デブ、人が怖い、もちろんモテないしお金がない。そんなゴミのような人生で、コンプレックスの塊の僕も投資で変わりました。 
 

このブログで、専業投資家の僕が普段どのように株の情報を見ているのか、赤裸々に書いていきます。 
 

また、投資顧問サイトに人生を救われた僕ですが、中には詐欺のようなサイトもあります。そういうサイトを許すことはできませんので、情報を随時発信していきます。」

ツイッター

infotop

ブログ統計情報

  • 265,336 アクセス

アクセスランキング