爆上げ株ニュース

東芝はなぜ、倒産寸前に陥っているのか?


 

 

ショートカットキー【Ctrl+D 現在開いているウィンドウページのお気に入り追加】でこのブログをお気に入りに入れることができます。

 

 

アクセスの多い記事

ウルフ村田から学ぶ!10倍株投資術体験セミナーは詐欺?
与沢翼の「グローバルトレーダーズスクール」は本当に稼げるのか?

 

爆上げ株ニュース、藤枝和生です。

いつも応援ありがとうございます。

 

 

東芝はなぜ、倒産寸前に陥っているのか?

 

こちらの記事で書いたように、東芝は倒産寸前です。

 

東芝、上場廃止へ破滅のシナリオ開始

 

東芝が2017年に倒産しそうな会社になったのは、なぜでしょうか? 昔から大手企業として世界に名をはせていた企業が、ここまで困窮するとは誰も想像できなかったでしょう。誰にとっても驚くべきことです。

 

2016年に東芝が発表した原子力事業の大赤字では、「おそらく2017年中に倒産する」という話が投資家の中で出回りました。

 

2015年度の5000億円規模の赤字に続き、2016年度の7000億円にものぼる原子力事業の巨額損失の計上。この流れについて書きます。

 

2016年、とんでもない負債を抱えてしまった東芝

 

まず、2016年に東芝は、原子力事業に巨額損失があると発表。そもそも巨額損失って何? という部分ですが、これは東芝の子会社ウェスチングハウス(WH社)が『0円』で買収した米原子力サービス会社ストーン&ウェブスター(S&W社)の持っていた、7000億円規模の巨額損失をさします。

 

つまり、手に入れてはいけないものを、東芝はつかんでしまったのですね。

 

この会社を売ったのが、S&W社の親会社であるアメリカのエンジニアリング会社シカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン(CB&I社)です。

 

当初、この会社は、資産価値が105億円ということで東芝は認識していました。でも実際は、価値があるどころか、借金だらけのマイナス7000億円!

 

そもそも2015年に東芝は「水増し不正会計」によって大ダメージを負っていました。それに加えて、この2016年の原子力事業での巨額損失発覚により、債権の歯車は完全に狂った、いや、もう停止してしまったという状態です。

 

ではもっと話をさかのぼりましょう。そもそも発端は、2006年に東芝がエネルギー部門として原子力事業に約6000億円で買収したウエスチングハウス(WH社)です。この会社は米原子力サービス会社ですが、2008年からWH社とストーン&ウェブスター(S&W社)はアメリカの原子力発電所の建設を共同で受注しました。でも、これが日本の福島原発事故や人員不足による工期延長などで、発注元(米サザン電力キャナ電力)とコスト負担を巡って裁判ばかりの泥沼状態…。

 

どちらの会社も主張を譲らずに、東芝が2015年にシカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン(CB&I社)からS&W社を買収しました。

 

ここまでの流れのカギとして、東芝の子会社であるWH社と、米大手エンジニアリング会社CB&I社の子会社S&W社が、アメリカの原子力発電所の建設をしていたけれど、もろもろの問題で仕事はちっとも進まず、裁判ばかりしていたこと。現状を打破するために、東芝がS&W社の買収に繰り出したわけです。

 

こうすることによって

 

1、WH社とS&W社の裁判を終わらせ、本来の仕事に戻ることができる。

2、裁判の中身は誰にも知られずに済む。

 

というメリットがありました。

 

2015年の水増し不正会計が発覚した際に、東芝はWH社の損失額を引き下げて処理報告しました。つまり、泥沼の中で抱えた損失を、世の中に隠していたわけですね。

 

しかし、こんなものをいつまでも誤魔化せるほど、世の中は甘くありません。その後、2016年3月期には約2600億円の損失を計上することになりました。

 

この時期になって判明した巨額損失。これについては各メディアや専門家が、「原子力事業の減損逃れをしている」と書きたてていましたが、そもそもS&W社の『0円』買収が、減損を隠すための茶番でしかなかったのでしょう。

 

7000億円もの負債のある会社を、なぜ東芝が手に入れてしまったのか?

 

まず、WH社がCB&I社に、負債を隠されていたという可能性があります。また、WH社が隠していた負債が後から明らかになったという可能性の二つがあります。

 

いま、テレビの東芝関連のニュースでは、東芝経営陣がダメだったという批判が多いですが、その本質がどこにあるのか? そのポイントは、意外に知られていませんでした。今後も東芝関連のニュースには、注意していきます。

 

世界の原発ビジネスは、大きな可能性と、同じくらい大きな失敗リスクという問題に直面しています。たとえば他国に目を向けると

 

・フランスのアレバは、原発の建設コストの上昇により経営悪化。

・ドイツのシーメンスは、原発事業からの撤退を決定。

・アメリカのGEは原発事業への投資は消極的。

 

などなど、どの企業もリスクをとらない、消極的な姿勢を見せています。

 

今後、東芝は、原子力事業をどのように立て直していくのか、まだ経営陣からは明らかになっていないのが現状です。

 

 

 

<<明日騰がる株の情報を無料で受け取れます>>

 

<<急騰銘柄、最大上昇率337%の情報を受け取れます>>

 

 

いつもブログをごらんいただき、ありがとうございます。応援クリックお願いします!

逆アクセスランキングに参加しています。
注目銘柄

現在高騰している銘柄情報を見るにほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ

推奨銘柄を確認する→

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

著者:藤枝(ふじー)の紹介

  
名前:藤枝和生(ふじえだかずお)




2015年12月 +2,509,493円
2016年1月  +1,534,881円
2016年2月  +1,237,000円
2016年3月  +987,480円
2016年4月  +2,237,002円
2016年5月  +237,033円
2016年6月  +737,004円
2016年7月  +937,005円
2016年8月  +3,237,006円
2016年9月  +654.986円
2016年10月 +4,237,008円
2016年11月 +2,494,098円
2016年12月 +2,407,191円
2017年1月  +4,409,481円
2017年2月  +1,462,490円
2017年3月  +1,983,380円
2017年4月  +2,455,509円
2017年5月  +5,455,509円※過去最高益達成!
2017年6月 +1,593,889円
2017年7月 +3,120,200円
2017年8月 +1,898,430円
2017年9月 +3,140,344円
2017年10月 +2,151,099円
2017年11月 +3,198,563円
2017年12月

  
幼少時代は肥満や対人恐怖症などのコンプレックスの塊で、学校にうまくなじめず引きこもる。
 
 
 

友達がいないせいで勉強はそこそこできるも、大学入学後、パチンコと株投資にハマりさらに友達ができなくなる。 
 

独学で学んだ株投資では、大学2年生のときにコンビニのバイトで貯めた60万円を330万円まで増やす奇跡!
 
 

が、所詮は素人のバカヅキでしかなく、その後の数々の不況により、大学4年の冬にはほぼ借金生活に。親には勘当されかける…。 
 

そしてさらなる悲劇が。
 
 

投資家として生きるしか考えていなかったので、就職活動は一切しておらず、ただの無職ニートに!! 
 
 

その後、3年間ほぼひきこもり生活。
 
 

30代目前のある日、ネットで見た投資家「cis」の儲けに驚愕。さらに、それを見て猛烈に腹が立つ経験をする。 
 

自分ができないことを、楽しそうにやれているcis。ゲームや麻雀などをダラダラやっていて、それでいて株投資で毎日何億も儲けている…。そういう人がいることが、許せない。 
 

「絶対に自分も投資家になる」と決意。1年間、屈辱と思いながらもコンビニバイトを週6でやりながら株投資のデモプレイで学ぶ。 
 

貯金した200万でリアル株投資スタート。たまたまメルマガを参考にしていたとある投資顧問サイトの無料スポット銘柄情報で急騰株を当て、資産はいっきに500万へ。
 
 

その後、同じサイトの情報を継続的に買うことと、自分の予測によるスイングトレードで資産は4億円を超える。
 
 

「対人恐怖症トレーダー」としてmixiで活動した後、知り合いのつてで投資顧問会社へ入社。
 
 

その後、投資顧問として独立。現在国内において個人・法人合わせて30社超の投資コンサルを請け負うまでになる。 
 
 
 
 
 

「私は株投資を実践したことがきっかけで、現在は自信もお金を持てるようになり、本当に生きてて良かったと思えるようになりました。 
 

この経験からも今がどんなに大変で苦しい人でも、過去の私のように株を通して人は変われると、私は確信しております。 
 

デブ、人が怖い、もちろんモテないしお金がない。そんなゴミのような人生で、コンプレックスの塊の僕も投資で変わりました。 
 

このブログで、専業投資家の僕が普段どのように株の情報を見ているのか、赤裸々に書いていきます。 
 

また、投資顧問サイトに人生を救われた僕ですが、中には詐欺のようなサイトもあります。そういうサイトを許すことはできませんので、情報を随時発信していきます。」

ツイッター

infotop

ブログ統計情報

  • 52,799 アクセス

アクセスランキング